LazuLi通信 67 おじさんのひとり旅。その3


 まさか、こんなに引き伸ばすとは・・・。

 

もはや、忘れてしまってますが

 

このままでは気持ち悪いので、書き終わりたい。

 


そう、

 

上陸です。

 

そして、入島料400円を払って

 

いきなりのすごい階段登場

 

それを登っていきます。

 

少し鍛えていて良かったと切に思いました。

 


必死に登っていくと、

 

そうです

 

『宝厳寺』に到着です。

 

さすが、パワースポット。

 

心が洗われます。

 


そして、中に入り

 

『幸せ願いダルマ』

 

ものすごい数です。

 

このダルマの中にお願い事を書いた紙を

 

丸めて入れて

 

宝厳寺に奉納します。

 

もちろん、わたしも奉納してきました。

 

 

そこから、島を周り

 

写真はないのですが

 

観音堂を通ってから

 

 

もう一つの

 

『都久夫須麻神社(竹生島神社)』に到着。

 

そこでもパワーをいただきました。

 

そして、

 

これが目的と言っていいのかもしれない。

 

竹生島の小判

 

竹生島弁財天の福小判は

 

弁財天社(弁財天堂) の横に置かれている小さな小判の事で

 

ご利益としては

 

もちろん

 

『金運UP』です。

 

しかし、宝くじが当たる、おこづかいをもらうなどの

 

お金が増えるのではなく

 

仕事が増えて、その結果お金が増えるというご利益です。

 

ちゃんと自分の仕事に励む様に導いていただけるそうです。

 

ありがたい。

 


からの

 

龍神拝所で『かわらけ投げ』です。

 

ここでは、

 

2枚のかわらけに

 

1枚は自分の名前、もう1枚にはお願い事を書いて

 

宮島鳥居に投げて鳥居をくぐると願いが叶うという事です。

 

そりゃー真剣になりますよね。

 

これが難しいんです。

 

なんとか1枚通って1人でテンション上がってました。

 

そこから、

 

また、ゆっくりと階段を降りて

 

船に乗り

 

島を後にしました。

 

 

ひっぱったクセに

 

大分、はしょって書きましたが、

 

本当にすごく良い場所で、良い経験ができました。

 

もちろん、今年も

 

おじさんひとりで島に上陸予定です。

 

そして、

 

琵琶湖はやっぱりキレイだった。

 

K-suke